Dimarzio DP708 Crunch Lab 7 Bridge BK ピックアップです。

Crunch Lab 7 Bridge DP708
1980年代後期からプログレッシヴ・メタルのジャンルを牽引してきたジョン・ペトルーシは、長年に渡りディマジオ・ ピックアップを使用しています。CrunchLab7は、彼とのコラボレーションによって誕生した最新モデルです。ドリーム シアターの10枚目のアルバム「Black Clouds & Silver Linings」の制作からこのピックアップを使用しています。 このピックアップは彼が今までライヴやレコーディングで使用してきたピックアップの中で、最高の出来であると評価し ています。濁りのないビッグでタイトなサウンドです。

■テクニカルノーツ
Dソニックに近いルックスですが、内部構造は大きく異なります。Crunch Lab7はよりラウドで、ハイはより深く、ミッドとローはより オープンなサウンドです。これはハイゲインアンプでのコード弾きの際に決定的です。Crunch Lab7は、ソリッド・バーをネック側に なるように搭載することで、シングル・ノートでのアタックのシャープさと強さが増します。

【推奨使用例】
ブリッジ・ポジションにお勧めです。

出力(mv):410
トレブル:4.5
ミドル:5.5
ベース:6.0
直流抵抗 (kΩ):11.07
マグネット:セラミック

カラー:ブラック

【2020春夏新作】 Dimarzio ピックアップ BK Bridge 7 Lab Crunch DP708-ディマジオ

最新コメント

ネットで話題の最新記事!
Pickup記事