2016年(平成28年) 9月1日 旧暦 8月1日 友引

経典ブランド 【八重山ミンサー】伝統的工芸品手織り半巾帯「利休茶・海松色×榛色×砂色」≪遥か美ら島より…心の織美。≫-帯

経典ブランド 【八重山ミンサー】伝統的工芸品手織り半巾帯「利休茶・海松色×榛色×砂色」≪遥か美ら島より…心の織美。≫-帯

2016年9月1日 14:58


綿100%
長さ約3.85m
経済産業大臣指定伝統的工芸品「八重山ミンサー」の証紙、沖縄県伝統工芸品之証、
沖縄県織物検査済之証がついております。
みんさー工芸館謹製
◆最適な着用時期 ご着用時期は問いません

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン 音楽鑑賞、観劇、街着、カジュアルパーティー、ランチなど

◆あわせる着物 小紋、織のお着物、浴衣など


目に優しい自然の色彩に、豊かな織の表情…
彩りさまざまな糸にて丁寧に織り上げられた、
本場八重山ミンサー半巾帯のご紹介です!


丁寧に丁寧に織り上げられた優しく穏やかな民芸味に溢れた表情のひと品。

古くより八重山諸島、竹富島・石垣島に伝わる帯、みんさー(綿狭)。
男性に求婚された女性が、その返事代わりに
幅の狭い織物を織り、男性に贈っていたことから、
綿でできた幅の狭い織物、『綿狭(みんさ)』が、
後に「ミンサー」となったといわれております。

密でありながらしなやかな地風。
綿特有のあたたかさを感じる地には、
落ち着いた利休茶色を基調に、海松色や榛色、砂色などの配色にて
五つ玉と四つ玉が込められた間道が織り成されております。

『五つ玉』と、『四つ玉』―
ふたつの文様は、重ねるとぴったりとひとつになり、
「いつ(五)の世(四)でもひとつ」、「いつ(五)の世(四)までも末永く」
との思いが込められて…

木綿のきものや、紬、ちょっとした小紋、浴衣など、
カジュアルなお着物にあわせてお使いください。

心あたたまる秘めたる想いを身に纏い…
美ら島のロマンあふれる織物をどうぞご堪能ください。

[6G013773DW]-[TP:片山]-[PS:片山]-[CH:バッチ]-[文責:瀧本]-[0726018]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
。…

経典ブランド 【八重山ミンサー】伝統的工芸品手織り半巾帯「利休茶・海松色×榛色×砂色」≪遥か美ら島より…心の織美。≫-帯

経典ブランド 【八重山ミンサー】伝統的工芸品手織り半巾帯「利休茶・海松色×榛色×砂色」≪遥か美ら島より…心の織美。≫-帯

タイムス×クロス

経典ブランド 【八重山ミンサー】伝統的工芸品手織り半巾帯「利休茶・海松色×榛色×砂色」≪遥か美ら島より…心の織美。≫-帯

写真・動画ギャラリー

沖縄タイムスから

経営企画室 |  文化事業局 |  広告局 |  総務局 |  読者局 |  デジタル局 |  印刷センター |  販売店連合会 |  ワラビー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム